ゆっくり せい が

16.05.2020
271

でいぶは顔面を真っ赤にして歯を食い縛り不細工な顔をさらに不細工にし全力でもみ上げを上下にピコピコしながら ぴょんぴょんしている。でいぶの中ではこれでも飛んでいるつもりらしい。. 時はまだ日の高い昼下がり、とある森の中に主に通常種で構成されたゆっくりの群れが作ったゆっくりスクールがあり、 ぱちゅりー先生がおちびちゃん達の為に授業を行っていた。今日の科目は全ての科目で最も重要な「いきかた」だ。 なお、おちびちゃんの理解力を考慮し授業は1日につき1科目しか行われない。 いくら詰め込んでも全て忘却されては何の意味もないからだ。.

合計: - 今日: - 昨日: - トップページの合計: -. 青娥は約1年前、博霊の巫女とスペルカードルールに基づいて決闘を行った。 青娥は何だか無性に自分を模したゆっくりを探したくなってきた。 また、青娥はここしばらく主に家で本を読んで過ごしていたのでそろそろ外の空気を吸いたくなってきた。. ここで「ま、まりちゃのかんっぜんっはいっぼくっでちゅううううっ!!」とでも言っておけば まだ生き残る目はあったかもしれない。が、まりちゃの痴性は青娥の予測の斜め上を行っていた。. 正に天国と地獄。 正に飼いゆっくりと野良ゆっくり。 ここは幻想郷。ここでも外の世界と同じように飼いゆっくりと野良ゆっくりの間には越えられない格差が存在した。 その格差は常識と非常識を分ける結界ですらねじ曲げることはできないようだ。.

さて、まりさと同じく何かを思いついた青娥もせいがを連れてゆっくりの住む森の広場に向かってふわふわと飛んで向かっていた。 ぽかぽかとした陽光に包まれた森の広場に降り立った青娥とせいがは早速ゆっくりの巣を探しに散歩を始めた。 広場にいたゆっくり達は空から現れたようかいさんにまるでモーゼが海を割った時のように道を開けた。 今日の青娥はゆっくりのおうちを1件1件戸別訪問して密着取材を行いたい気分だったので広場のゆっくりには何もしなかった。 しばらく歩いていると木のうろを利用した巣が発見された。すぐにけっかい 笑 が除去される。 中にはでいぶ種と思われる瓢箪型の饅頭が1個、「ずびびいッ!ずびびいッ!」と聞くに耐えないイビキをかきながら 惰眠を貪っていた。.

  • 最終更新: 年12月25日
  • おちびちゃん達はでいぶのフライングボディプレス3連打によりあっという間に物言わぬ饅頭になった。 わざわざ外に出たのはせまいおうちのなかではフライングボディプレスが使えないからだ。 でいぶには対ゆっくり戦闘の才能があった。勿論「ようかいさん」に対してはなんの意味も成さないが。 でいぶはおちびちゃんの死体を大急ぎでおうちの中に運び込んだ。 そして、おかざりを取り外しうんうんのたっぷり詰まったといれさんの底に木の枝で厳重に押し込んだ。. 今回、無事10作目を迎えられましたのでこれからはバーサスあきと名乗らせていただきます。 いつもご意見、ご感想、ゆっくりポイントありがとうございます。 とても励みになります。 これからもどうかよろしくお願いします。.

会場に集まったゆっくり達はまた始まったかとでも言いたげな顔をした。 この後、いつもでいぶのほーむぱーちーで繰り広げられているお馴染みの展開が始まった。 ゆっくりらしいしょっぱいボキャ貧の感想が出尽くした所で群れ一番の知恵者である長ぱちゅりーが気の効いた感想を言うのだ。. 青娥の飼いゆっくりになったせいがは生まれた時からワルという訳ではなかった。 せいがは謎のパワーによっていきなり無から生まれた数匹の最古のゆっくりせいがの内の1匹と ゆっくりよしかのつがいから生まれた一粒種だった。 ゆっくりよしかはせいがとつがいになれる数少ない種族であり、せいがが作り出したゆんしーに せいがが長期間に渡って惜しみない愛とメンテナンスを加えることによってようやく完成する超希少種である。 せいがは成体になって独り立ちした後、1か月というゆっくり的には非常に長い年月を経てようやくよしかを完成させた。 「せいがさまー。よしかはよしかだぞー」とよしかが初めて言ってくれた日、せいがは不覚にも感動の涙を流した。 その後まる1日、2匹はたっぷりきゃっきゃうふふした。 せいがは会ってすぐにすっきりするのはれいむやまりさのような性獣がする事だと思っていたのですっきりはしなかった。 この頃すでにせいがは所謂通常種を見下していたが流石にブチ殺そうとまでは思っていなかった。 だがその考えは仕方なくきゃっきゃうふふを中断し食糧を集めにせいがが外出した間に起こった惨劇によって変わる。 臭くてゆっくりできないという理由で近くの5m級のドスが長を務める通常種のみで構成された ゆっくりの群れがせいがの留守を狙って襲撃を仕掛けてきたのだ。 なお、ドスの群れは通常種のみで構成されていることが殆どだ。 なぜなら希少種は通常種とは文化が全く違うため群れに馴染めず自然と希少種同士で群れを作るか1匹狼になるからだ。 せいがはきゃっきゃうふふのし過ぎで疲れていた為監視されていることに気付かなかった。 よしかは怪力を駆使して頑張ったが流石に5m級のドスには勝てずぺしゃんこにされてしまった。 せいがが胸騒ぎを覚えて帰宅すると全てが終わってしまっていた。.

最終更新: 年12月25日 ankoss. このゆっくりせいが、実は札付きのワルである。 西にぴょんぴょんすれば赤ゆの生き餡をすすり東にぴょんぴょんすれば大嘘を撒き散らし まりさとれいむのテンプレ一家を崩壊させた。 このまま行けばいつか恨みを買ってきたゆっくり達に取り囲まれせいっさいされるのは確実だった。 だがせいがはせいっさいなど何も恐れてはいなかった。 何故ならせいがは通常種しか攻撃しておらずせいがは通常種とは比べ物にならないパワーの持ち主だからだ。 もちろん群れのボスのドスがせいっさいに乗り出してくることもある。 が、真っ向勝負では敵わないが逃げるだけなら木の隙間を利用すればせいがにとっては簡単なことだ。 ここで幻想郷特有のゆっくり事情について説明しておこう。 いきなりだが常識が全く通用しない幻想郷は様々な魔術的理屈によって支配されている。 その一つに「同調」の理論がある。 どういうことかと言うと強大な力を持つ存在と同じ行動をしたり姿形を真似すれば 元ネタの力の一部を身に宿らせることができるという考え方だ。 例えば寅丸星は毘沙門天を名乗りそれに相応しい行動をとることで強大な力を得ている。 これをゆっくりに当てはめると元ネタをより再現している希少種には魔術的な加護により 能力値にプラス補正がかかるということだ。 しかし、通常種も顔だけは元ネタに似ているではないかという反論があるかもしれない。 が、通常種においては「でいぶ化」「おうた 笑 」「おうち宣言」「うれしーしー」「すーぱーうんうんたいむ」 「おやさいはかってにはえてくる」「帽子による水上移動」「れいぱー」「ゲロ吐き」「もりのけんじゃ 笑 」等 と言った元ネタと異なる行動のオンパレードにより調和が乱れ魔術的加護がゼロになってしまっているのだ。 その為外の世界と幻想郷で通常種にスペックの差はないが希少種は幻想郷産の方がスペックが高いのだ。 ちなみに元ネタとの著しい相違により魔術的バランスが乱れきり元ネタの加護がゼロにまで低下してしまったのは 通常種を構成するれいむ、まりさ、ありす、ぱちゅりー、そしてドスまりさの5種だけだ。 そして上記を本能的に理解している希少種にとって自分に力を与えてくれる元ネタは神にも等しい存在である。.

今回死んだでいぶは様々な偶然が積み重なって奇跡的に誕生したでいぶだった。 今、幻想郷では急激にれいむ種の売れ残りが増加している。 今後、幻想郷にでいぶが現れることはもうないだろう。. せいがの推測通り仮にも仙人である青娥にとって心眼を用いる程度朝飯前のことである。 青娥がタヌキ寝入りをしている間、せいがは頭から煙が出そうなぐらい考え込んでいた。 そして死と破壊を好む「ようかい」を喜ばせるには死と破壊を見せるしかないという結論に達した。 幸い死と破壊はせいがの得意分野だった。 30分後青娥はせいがに髪でツンツンされ起こされた。.

合計: - 今日: - 昨日: - トップページの合計: -.

1225 ankoss.

ほとんどのおちびちゃん達が先程から背中に氷が張り付いたような気持ちで、あるいは銅像のように硬直し あるいはガクガクと震えあるいは少量の餡子を吐いてしまったりしている。 なぜならほとんどのおちびちゃん達が各家庭でようかいさんの恐ろしさについて耳にタコができるほど説明されているからだ。 中にはその説明を信じないおちびちゃんもいた。 だが、直接対面することでほとんどがその考えを改めた。 勝てない。勝てる気がしない。こいつは自分達とは「なにか」が決定的に違う。 戦えば確実に殺される。いや、何もしなくても殺されるかもしれない。.

でいぶは顔面を真っ赤にして歯を食い縛り不細工な顔をさらに不細工にし全力でもみ上げを上下にピコピコしながら ぴょんぴょんしている。でいぶの中ではこれでも飛んでいるつもりらしい。. さて、まりさと同じく何かを思いついた青娥もせいがを連れてゆっくりの住む森の広場に向かってふわふわと飛んで向かっていた。 ぽかぽかとした陽光に包まれた森の広場に降り立った青娥とせいがは早速ゆっくりの巣を探しに散歩を始めた。 広場にいたゆっくり達は空から現れたようかいさんにまるでモーゼが海を割った時のように道を開けた。 今日の青娥はゆっくりのおうちを1件1件戸別訪問して密着取材を行いたい気分だったので広場のゆっくりには何もしなかった。 しばらく歩いていると木のうろを利用した巣が発見された。すぐにけっかい 笑 が除去される。 中にはでいぶ種と思われる瓢箪型の饅頭が1個、「ずびびいッ!ずびびいッ!」と聞くに耐えないイビキをかきながら 惰眠を貪っていた。.

wiki  2Wiki 3rd Season wiki .

ここは魔法の森。時はまだ日の高い昼下がり。 青娥が魔法の森で散歩をしていると変なものが道を横切るのを見つけた。 それは全高60cmほどの蒼い髪のゆっくりでありぴょんぴょんと飛び跳ねて移動していた。 青娥はいくらなんでもそこまで簡単に見つかる訳がないと思っていたので最初はにとり種だと思った。.

せいがは勢い良くけっかい 笑 に体当たりしけっかい 笑 に使用されていた小枝や落ち葉かパラパラと辺りに散乱した。 そこには母れいむと子れいむと子まりさがいた。 母れいむはバスケットボール大。ちびどもはミカン大だが子れいむの方がやや大きい。 母れいむが同じれいむ種を贔屓しているからだ。. でいぶは森の広場のど真ん中に着弾した。 でいぶは地面に激突した時の凄まじい衝撃でリボンと髪の毛以外の全てのパーツが完全に液状化してしまっていた。 辺りにはでいぶの激しい恐怖を物語る甘ったるい死臭。.

1225 ankoss.

ここで「ま、まりちゃのかんっぜんっはいっぼくっでちゅううううっ!!」とでも言っておけば まだ生き残る目はあったかもしれない。が、まりちゃの痴性は青娥の予測の斜め上を行っていた。. 画しておちびちゃん達はでいぶにほーむぱーてぃーの料理にされてしまった。 結局まりさはごはんさんを持ってこられず、進退きわまったでいぶはおちびちゃんをぼたもちにしてしまったのだ。 このでいぶ、自分がゆっくりするためにはおちびちゃんを犠牲にすることすらいとわない。 まさに、クズの中のクズ、でいぶの中のでいぶ、いやほーむぱーちー馬鹿一代とでも言うべき存在だった。 ところで、でいぶのほーむぱーてぃーは2種類の要素から成り立っている。 第1の要素は料理。そして、第2の要素はでいぶの「おうた」だ。 でいぶにとって真に重要なのは「おうた」であり、料理はゆっくりを呼び寄せる為の撒き餌に過ぎない。. ゆっくり達の間で人間以上の力を持つ恐るべき悪魔、「ようかい」の存在は広く知られている。 青娥は妖怪ではなく邪仙である。 しかしゆっくりせいがはこのお方がせいが種の神様である「ようかい」のかくせいが様なのか、 成る程「ようかい」なら寝ていても気付く程度のことは造作もないのだろうなと思うのだった。.

この幻想郷にはさいっきょうっの存在であるようかいさんと次にさいっきょうっの存在であるにんげんさんがいる。 どちらもさいっきょうっであることには違いはないので絶対に逆らってはいけません。.

anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko ゆっくり せい が anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko anko 10 10 09 Mobile Mobile :.

  • オーバーロード 3 12 話動画
  • 乙女 ゲーム イベント
  • トイレ 鍵 開け方 スライド
  • 24時間俺のチ● ポに触り続けないといけない大妖怪の話